... 1976年に創立されたPPIピョンファは、現在に至るまで「最高の品質」「新製品開発」「人材育成」という創業精神の下、配管産業分野で一途に携わって参りました。PPIピョンファの代表製品の中の一つである「スリーレス2040消音二層管」は世界初建築物の排水騒音を解決した製品として、韓国国内より先立って日本にて認定・使用され、東京の南青山一丁目タワーと国立がんセンターを含め日本全国の1,000ヵ所の現場で施工された最高の消音配管でございます。

排水騒音はもちろん排水の性能まで向上させた「V形配管」は、同一流量の場合、30%の流水深さが増加するV形の構造であり、少ない水であっても円形配管より固形物移送能力が卓越です。

鋳鉄管より優れた高強度汚水排水配管であるDHパイプシステムは韓国国内最高層ビルのロッテワールドタワー123階(555m)の300mmメイン地下横主管などの全サイズ適用され、その優秀性を認められました。

世界最初100年寿命APPIZ(アピズ)パイプは、8年間の研究開発の末に完成することができ、きれいな水の供給に貢献することができました。錆及び腐食の発生が無く一度の施工から、100年間きれいな水を使用者へ最も安全に供給できるAPPIZパイプは2016年1月、アメリカ水道水供給1位の企業であるアメリカンウォーター(AW)社のセントルイスの現場で成功的に施工されました。

iPVCパイプはアメリカの製品より高いプレミアムパイプとして、アメリカンウォーター(AW)社と共同でアメリカ全域向けに営業を開始いたしました。

今日のPPIピョンファが存在することができたのは、会社の仕事を自分の仕事のように思い、それぞれの分野で最善を尽くしてくれた全職員の努力と団結がありました。しかし、その中でも最高の原動力になったのは約40年間惜しまずに応援してくださったお客様の激励とご声援があったことを私たちはよく認知しております。今後もより謙虚な姿勢と、最高の製品をもってお客様のご声援にお応えできるように致します。

今後とも一層のご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。